おりもの 臭い 対策

おりものが臭い方はこの対策を

おりものが臭い方はこの対策を

女性の体内には卵巣があり、卵子が子宮内で受精して着床するのが妊娠です。
卵子が受精しないと生理という現象が起きますが、いずれにしても卵子が卵巣から排出される前後、
つまり生理の前後には膣内のおりものが増えます。
しかし通常ではおりものはほとんど臭いがありません。
ここでおりものが臭う原因について説明します。

 

■普通のおりものは甘酸っぱい香り
普通のおりものは膣内を守るための善玉菌であるデーデルライン桿菌の臭いがします。
しかしそれはむしろある意味ではいい香りとも言えます。
いわばフェロモンのような働きをするのです。

 

 

■異常なおりものは嫌な臭い
膣内にはデーデルライン桿菌がいて、雑菌の繁殖を防ぎますが、
たとえば膣内をきれいに洗い過ぎたりすると、雑菌と一緒にこの善玉菌が流されてしまいます。
そうすると膣内は無防備な状態になり、しかし雑菌はしぶとく生き残りますから、
膣内に雑菌が増えてしまいます。
雑菌は膣内の古い角質やアポクリン汗腺の汗から栄養をとりますから、
おりものが増えると同時に臭いが強くなります。

 

 

■おりもの自体が異常な時は体調不良
おりものが整理の前後に増えることは異常ではありませんが、
そうでない場合は体調不良か病気が考えられます。

 

体長不良は過剰なストレスや疲れでおりものの持つ自浄作用が低下することで、
つまりストレスや疲れで女性ホルモンのバランスが崩れることがおりものの臭う原因になります、
また、風邪などで抗生物質を服用すると、
抗生物質が膣内のデーデルライン桿菌までも殺菌してしまうので、おりものが臭うことがあります。

 

 

■おりものの臭いは病気のサイン
おりものが臭う性病には膣カンジダ症、トリコモナス膣炎、細菌性膣炎などがあります。
なお、膣の病気であるクラミジア感染症ではおりものの臭いはしません。
いずれにしてもおりものの臭いに加えて痒みがあるとか、
おりものの色がおかしい時は婦人科で診察してもらうようにしましょう。